mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録 現在38歳 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

同僚が乳がんで離職。


他の店舗だけど、乳がんになって先日退職した同僚がいるんだよね。

細かい事情は分からないけど、
どうやら乳がんのウワサが広まって、好奇の目で見られたり心ない言葉を言われたりと、嫌な思いをしたことが理由らしい。
2人に1人何かのガンになるこの時代に、そんなことあるんだね。
悲しいね。
性特有のガンだからかな。
乳がんは外見変わるしな。


治療のためにお休みしてたのは、確か夏の終わりだったから、私より数ヶ月先輩だ。

復帰して今まで通りってわけには、なかなかいかないんだねぇ。


私は恵まれているなぁ。
私、乳がん発覚してから5ヶ月、心ない言葉なんて言われたことがない。


あ、いつだったか、彼氏と電話してて、
細かいやり取りは忘れたけど、
「そりゃ誰だって、おっぱい2つ、ちゃんとある人のほうがいいでしょ」
って言われたの。
笑いながら。
そのあと、失敗した!みたいな雰囲気出てましたけど。
あれは軽くショックだったな。

「あ、まぁ、そうだよね」と、納得もしたけれど。
今ならなんとも思わないけれど、
その時の私は、きっとナイーブになってたんだと思う。
刺さったんだよね。その言葉と笑い方が。
痛かったんだ。引っかかるの。


同僚は誰に何を言われたのか分からないけれど、きっと痛かっただろうな。
ずっと引っかかって、仕事辞めることを選んだんだろうな。
誰に何を言われなくても、仕事辞めたくなるくらい切羽詰まる気持ちも分かるし。


自分の中の受け入れ方というか、乳がんとの向き合い方が繊細な時期だったのかもしれないしね。
そこはもう、ほんと、人それぞれだもんね。


みんなみんな、笑ってほしいな。
今笑えなくても、いつか。
挫けながらでもゆっくり一歩ずつでいいよね。
私もがんばるから。