mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録 37歳で告知を受け現在39歳 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

彼氏と旅行してきた。


今回の彼氏との旅行は、電車の旅。

私、会うまで、妹のことをどのタイミングで話そうかとアレコレ考えてたのに、
顔を見たら、すぐさま言ってしまった。
我慢できませんでした。
助けてーってなっちゃった。


彼氏も相当驚いてた。
ショック受けてた。
そりゃそうよね。
遺伝性乳がんの可能性強くなったし。


でも、楽しく過ごせたよ。
きちんと分けて考えられたし。
電車って、ただ乗ってるだけでも楽しいものなんだね。

カレー食べたりラーメン食べたり
雪に圧倒されたり
何もない駅前をただお散歩したり。

彼氏が笑うと嬉しい。
大切な人が笑うと嬉しいよね。


私の術後の胸は、再建をしていないからペッタンコ。
今回の旅では、服の上からだけど私の胸を触ってくれて嬉しかった。
感覚がないって言ったら
「ゾワゾワするーーー!」って怖がってたけど、
それでも今までよりも2人の間にタブー感が無くなって嬉しい。
胸がなくても私を受け入れてくれて、
ガンなのにこれからも一緒にいるって言ってくれて、
すごい人だなぁと思う。
病気だからって卑下してるわけじゃないけど、コンプレックスを受け入れてもらえるのは嬉しいから。


大切な人が大切にしてくれてるんだから、大切にしないとバチあたるなぁと思ってね。


今後のことも少しお話ししてきた。
私の覚悟が決まったら、一緒に暮らそうかなと思う。
私の覚悟が決まったら。
仕事や病院や家族のことや、いろいろあるけど、覚悟が決まるまでまっててくれるって。


私は一つのことに集中しちゃうと他のことできないから、今は妹の乳がん治療がどうなるのかを一番に考えたいし。
それでいいって言ってくれた。


ありがたいね。