mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録 37歳で告知を受け現在39歳 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

右乳がん全摘、術後1年6ヶ月。

20180809。
下に術後1年半の術部の写真があるので見たくない場合はお気をつけくださいね。
加工無しの写真です。
記録なのですみません。

傷の写真にビックリしないように、先日行った水族館の写真を先に貼っておきます。

見てよ、この顔。小動物みたいだよね。



では、

私のがんタイプ。
2016年12月22日、37歳で乳がんの告知を受ける。
・種類 (浸潤乳管がん)
・場所 (右乳房内側下部)
・しこりサイズ (1.79cm T1b)
・ステージ(Ⅱa)
・リンパ転移 (有 1/13)
・リンパ郭清 (有 level1)
・サブタイプ(ルミナールA)
ホルモン受容体(+)、her2(-)、Ki-67(6%)

2017年2月9日、右乳房全摘術+センチネルリンパ生検の結果リンパも郭清。
その後、抗がん剤 放射線治療 無しで、5年間のホルモン治療スタート。

現在、ホルモン剤タモキシフェン服用中。



痛み。
1年半。
ラジオ体操の「脇を伸ばす運動」的なポーズとかは引っ張られる感あるけど、痛みはない。
脇の下の違和感は残ってる。
でも痛くはない。



術部。
・保湿 なーんにもしてない。
・傷跡 見た目、若干痛々しさは減った気がする。
・カチカチ部 カチカチ部はもうないよ。触ると骨と筋肉と脂肪がわかる。
・感覚 感覚はないまま。術部全体と脇の下の一部から背中側の一部分まで。これは戻らないヤツか?



術後1年6ヶ月の様子。

上→術後半年の2017年8月。
下→術後1年半の現在2018年8月。
若干薄くなってるよね。




ドレーンの跡はもうほぼ見えない!!



腕を動かすと、えぐられ感が出る。
脂肪なくなるとこんななんだね、胸って。




リンパ浮腫。
むくみ、自覚としてはなし。
若干術側の腕(右)が太い気がする。
利き腕は左だから、右腕のほうが太いってのも変かな。これはむくみなのか?
圧迫しないように、重いもの持たないようにはしているよ。



リハビリ。
リハビリはやっぱり大切なんだよね。
YouTubeみながらやったりやらなかったり。
でもやってるよ!



ブラジャー、パッド。
シリコンパッドと、乳がんパッド専用ブラ。
ワコールリマンマのをメインに。
傷みもなく、まだまだ元気に使えている。
新しいブラが欲しい。



ホルモン治療。
タモキシフェン。まだ17ヶ月。でも4分の1過ぎたぞ!
疲れやすい生活にも慣れてきた。
関節痛は手指だけ。
ホットフラッシュとかはなんとかやり過ごせてる。
基本寒がりなのに、突然発汗するからビックリするけど、まぁうまく付き合えています。



生理。
ホルモン剤のタモキシフェンを飲むようになって、生理周期が40日前後に伸びた。
伸びたけど、来る。



左胸。
月イチくらいで自己検診してるよ。
立って触診。
横になって触診。
前かがみになって触診。

私の左胸は今のところ問題なさそうです。



遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)。
今月末にやっと採血するよ。
遺伝科でのカウンセリングは月イチで1時間くらい数回あったんだけど、A4の書類数枚を渡されて、それを遺伝科の先生がただ読み上げるのを聞いているという、なんとも無駄に感じる時間でしたー。
書いてある内容は
http://hboc.jp/downloads/pamphlet_ver3.pdf
と、ほぼ同じだったよ。


自分の今後を考えるために受けるのはもちろんなんだけど、

遺伝子変異が見つかった時の血縁者への対応を考えておくのも大事かなと思う。
家族や血縁者、またはその結婚する相手などが、私の結果を知りたいのか知りたくないのか、知らせるべきなのかどうかを、どうやって判断すればいいのかなって。

まず、遺伝子検査を受けること自体、内密にしたほうがいいね。
こんなこと、ここに書いて大丈夫ですか?

血縁者といっても広いからね。
そして、遺伝子は変わらないから、一度話したら、訂正できないからね。

知ることで予防できるメリットもあるけど、
知ることで、油断したり、逆に必要以上に気にしたり、次世代への遺伝まで考えるからね。
自分のことと子供のことと、親のことと。

知らないでいる権利って大切でしょ。
知ってしまったらもう消せない。
血縁者が私の遺伝子変異の有無を知りたいのか知りたくないのか、それを見定めるのが難しいよね。
伝わるかな。

知らせないでいて後悔するようなことがあったら、自分を責めてしまうだろうけど、
それは私が抱えることかなとも思う。


あとね、カウンセリング料が高いんだよね。
毎月毎月カウンセリング。
なかなか検査してもらえないし、書類を読み上げるだけのカウンセリングから解放されない。

前回、遺伝科の先生が次回のカウンセリングの予約を入れようとしてたから、
「これ、必要なんですか?」と笑顔で聞いてみた。
「いったいカウンセリングって、いつまで続いて、いくらくらいかかるんですか?」と。
そしたら、「あ、では次回、保険がきく範囲でのカウンセリングにしましょう」だって!

おーーーい。なんだそれ。



生活。
元気に順調。
疲れやすいけど、乳がんになったって、おっぱいなくなったって、元気に普通に生活してるなぁ。


仕事も順調。
年内には今の職場を卒業する予定。


彼氏とも順調。
なんか最近特に、不思議な人だなぁと思う。
今まで私が積み上げてきたコミュニケーション能力をフルに発揮しても、全く掴めない。
どこかに攻略本が売ってればいいのに。
でもまぁ順調だ。


運動はあまりしてない。
フラフープを思い出したように毎日やってるけど。走ってない。筋トレもしてない。


食事はしっかり食べています。
朝はグリーンスムージー
お昼はお弁当。
夜はバランスよく。


妹も元気に頑張ってるよ。
術前の抗がん剤も残り1回。
副作用もあるけど、基本元気。
頭はキレイなおハゲで、頭の形が素晴らしくキレイでかわいい。似合うからすごい。



まとめ。
半年間、経過観察の記事を書いていなかったけど、記事を書かないということは、あまり自分をチェックしないということ、ってのが分かった。
これは悪いことばかりじゃないよね。