mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録 37歳で告知を受け現在39歳 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

少し自信が持てました。


先日、彼氏のところに遊びに行ってきた。
私の右胸がなくなって1年8ヶ月。

ついに、彼氏も見慣れ始めたようだ。

私の右胸を触りながら、
「ない!ない!」と言ってた。
「おっぱい、ないよ」と言ったら、
「ない!ない!」ってパシパシと叩いてた。
(嫌な感じじゃないよ)

見るのも触るのもできるようになったんだなぁと思いました。

もしかしたら無理してるのかもしれないけど。
それはそれで、ありがとうって思った。



彼氏の「萎える」発言から4ヶ月。
あの時は、
これは彼氏側も私側もお互いもう無理だなと思ったし、
萎えるとか言っちゃう人どうなの?とも思ったよね。
さすがに終わりかなとも思った。


あれからいろいろと話したいこと話して、
聞きたいこと聞いて、
考えること考えて。


そしたら私の中でも変化があった。


私を大切にしてくれない人とは一緒にいたくないし、一緒にいられない。
私は、私を大切にしたいから。
大切にしてくれない人と一緒にいたら、
私は自分を大切にできなくなっちゃうからね。
そこに気づいたら、スッとしたんだよね。
おバカだなーと自分でも思うけど。


今まで、負い目に感じることが沢山あって、
いつも自信がなくてね。
でも、それは違うと思えるようになったんだ。


やっとシンプルに自分のことを見られるようになってきたんだね。
等身大というか、このままの私を出せるようになった。
乳がん発覚から1年10ヶ月。
やっとこのままの自分を受け止められたのかもしれない。


少し自信が持てました。