mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録。 37歳で告知、38歳でope。現在40歳。 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

新しい病院と先生。


20190304

新しい病院。
新しい先生。
引越し後初の診察。


診察。
紹介状と一緒に同封されていた資料やCD-ROMにいろいろと「抜け」があるようで、
資料としてあまり分からないと言われた!
ガーーーン
前の主治医先生、好きだけどデジタル弱いからあり得ると思って苦笑いしちゃった。

とにかく術前の状態のことは分かったけど、術後の状態のことがあまり分からないから、
今日、エコー マンモ 採血 をすることに。


先月(2019年2月)で再発のピークである術後2年を超えたから、半年に1度の検査になりますって。
ここの病院では、術後2年からは半年に一度の検査になるそうだ。CTと肺のレントゲンを交互にするらしい。
つまりCTと肺レントゲンは年に1回検査。
エコーと採血は半年に1回の検査ということだ。
先生に会うのも半年に1度。

そして遺伝子検査は受けたくなったらここの病院で受けられるって。

婦人科は定期的に診てもらうようにって言ってた。


エコー。
エコーは技師さんではなく先生がしてくれた。
私は自分でエコーする先生のほうが信用できるから、良かったー。
術側(右)のリンパに異常なし。
健側(左)のおっぱいは、1cmくらいの腫瘍と小さい何かがあるらしい。
1cmの腫瘍はたぶん前の病院で細胞診したものと同じと思われる。形的に良性ですね と言われた。ほー。
半年様子見。


採血。
CA15-3 → 9 異常なし。
貧血あり。


マンモ。
左のみ → 異常なし。


薬。
タモキシフェンは3ヶ月後薬だけ取りに来る。


次回診察。
半年後(9/2)にエコーと採血で診察。


新しい主治医先生の印象は、
・話しやすい。
・でも話聞いてない。
・問診票見てない。
・エコー上手。
・カルテは手書き。
・優しそう
そんな感じ。

持ってきた紹介状に同封されていたCD-ROMは返してくれた。自宅保管してくださいとのこと。へー。


次回は3ヶ月後(6月)電話予約して、薬の処方をしてもらう。
半年後(9/2)13:30までに病院に入る。エコーと採血と診察。


帰り際に優しく「2年が経ったので今日はお祝いしてください」と言ってくれた。
好感度up!!!

実家の家族にLINEしたら、おめでとうが返って来た。
一緒に暮らしはじめた彼氏に話したら、仕事帰りに買ってきたじゃがりこをくれた。