mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

嫌ならやめればいい。


反省しています。
私はいつも後ろ向きでネガティヴで。
グチばかり言って。
逃げてばかり。
なまけもの。

何かあるとすぐ塞ぎ込んでしまう。
余裕がなくなると内に篭ってしまう。


いつも笑顔でいたい。
いつでも強くいたい。
根から強くなりたい。
常に穏やかでいたい。


たくさんの人じゃなくていいので。
私のそばにいてくれる数人の前だけでいいので。

根性つけたい。
素直になりたい。
まっすぐに生きたい。
優しくありたい。

いつか私もそんなふうになれるかな。


後悔はしたくない。
変わりたいなら変わればいい。
なりたい自分になればいい。

2ヶ月ぶりの診察(採血とエコー付)。


2ヶ月ぶりに乳がんの病院に診察行ってきたよ。


外科外来。

乳がん告知されてから、検査や診察で毎日のように通っていた半年前。
診察待ちの間、頭の中の迷いや不安を減らすためにいっぱい乳がんの勉強していたなぁ。
診察待ちの時間は勉強の時間。


なのに今日は、音楽聴いたりTwitter見たりしてて。
優雅なものです。
何に対してなのか自分でもよく分からないけれど感謝の気持ちでいっぱいでした。
いろいろな物事や支えてくれてる人達やあの頃の頑張ってた自分に対してなのかな。


なんかね、
半年前の私をすごく応援したい気持ちになって。会えたなら抱きしめてあげたい。
がんばれって。
ここに座っている人の中にあの頃の私のような人がいるのかもしれない。
がんばってって抱きしめたい。
今日は、診察待ちしながらそんなことを思っていたよ。



採血検査。
いつも待ってる人は2〜3人なんだよ。
なのに今日は80人待ち。
突然すぎるでしょ。
みんな何があったのよ。
診察時間の15分くらい前に行けば間に合う計算だったのに採血してもらうまでに1時間かかっちゃった。
診察遅刻。
まぁどうせ診察も待つんだけどね。
今日暇だからいいよ。



診察。
先生に会ったのは2ヶ月ぶり。
思わず「お久しぶりです」と言いそうになった。
私にとったら先生は1人だけど、先生にとったらたくさんいる患者さんの1人なんだよね。
当たり前の日常なんだよね。
礼儀正しく落ち着いて診察を受ける。

仕事していたかどうか訊かれた。
しています!と元気に返事。


伝えたことは、
・精神科の主治医が変わって、タモキシフェンに影響ある可能性があるからと、抗うつ剤を変えたこと。
⇒調子はどう?と訊かれて、抗うつ剤変えるの怖かったけど変えても特に変わらないと答えたら先生笑ってた。へへ。

・関節痛がツライこと。
⇒やっぱりタモキシフェンの副作用だそうで。タモキシフェンというより、ホルモン剤の副作用だそうだ。ガマンできないほど?と訊かれてガマンできないほどではないと伝えた。

・副作用の更年期障害対策に漢方を処方されて飲んでること。それが関節痛に多少効いている気がすること。
⇒はいよ、と言いながらカルテに記入してた。
漢方薬の名前とか訊かれなかったから言わなかった。そんなもんなのかしらね。

・乳房再建は、シリコンの場合10年に一回ほどのペースで全身麻酔で入れ替えるんですか?
⇒正解だって。左右のバランスが悪くなってくるし劣化もするから。毎回全身麻酔で。麻酔かけた状態で体を起こして左右のバランスをみてシリコンを入れるらしい。

・乳房再建、広背筋を使う場合、背筋弱まりますよね?
⇒これも正解。そして左右のバランスは、シリコンほどじゃないけど脂肪がついたり筋肉質になったりで変わってくるって。



エコー検査。
念願のエコー検査がやっと。
先生のエコーの腕前よく分からないけれど、私は信用できると思っているからね。
主治医先生のエコーで大丈夫ならとりあえず安心できる。

・右。全摘後のエコー。
異常なし。
リンパも鎖骨側Level3まで異常なし。
肋骨側のリンパも異常なし。

・左。健側のエコー。
異常なし。

エコーの機械、最近新しいのにしたんだって。性能いいんだって自慢された。
良かったね、先生。
性能良くなって私も嬉しいよ。

エコー画像見ながら、ここが静脈でここが大胸筋でって説明しながら診てくれて、ここは大丈夫だねって一つ一つ。
そういうの患者側としては嬉しいよね。

甲状腺エコー。
そしてなぜか甲状腺もエコーしてて。
そしてまさかの甲状腺に腫瘍発見。


ねぇ。なぜ私の体には腫瘍ができるんですか?
脳、子宮、胸、甲状腺
ホルモンの場所に腫瘍ができる。
(胸はホルモン分泌しないけど)
なんなんだろう、この体は。
ホルモン系なら、次は腎臓か?すい臓か??

でも今日みつかった腫瘍はガンでは無さそうだし、乳がんとは関係ないと思われるから、この話は置いておくね。
これはこれで。
別で追跡していきます。



採血結果。
腎臓、肝臓、貧血、腫瘍マーカー等、異常なし。
貧血は改善傾向。鉄剤続ける。
好中球(白血球)がH(基準値より高い)になってるけど、大丈夫な範囲のようだ。


乳がんの血液検査では、
CEA」と「CA15-3」という2つの腫瘍マーカーを要チェックするのだそうだ。
CEAは異常なし。
CA15-3は一日では分からないから後日と言われた。



腫瘍マーカー
気になったから、2つの腫瘍マーカーについて調べてみた。
CEAは、消化器系ガン、肺癌、乳がんの検査に使われる腫瘍マーカーなんだって。
基準値は0〜5。
私1.3だった。大丈夫だね。

CA15-3は、乳がん専用の腫瘍マーカーらしい。
特に転移性乳がんや再発乳がんの発見に使われるらしい。早期乳がんでは反応しづらいんだって。勉強になりました。
基準値10〜25。

なるほど、どちらの腫瘍マーカーも経過観察には大切だね。うん。



次回診察。
2ヶ月後。8/23。
採血はCEACA15-3だけ。
エコー検査無し。



再建について。
甲状腺について。
そもそもガンについて。
病気について。
健康について。
将来について。
人生について。
生き方について。
広く浅くうっすらとぼんやり考えた一日でした。


とにかく。
今日も、私は元気です☺︎。

傷病手当金。


けんぽから、傷病手当金振込みのお知らせハガキが届いた。


2/9に手術して
3月末までお休みさせてもらって。

4/19 に、病院に傷病手当金申請書類のお願いして、
4/30 に、病院分が仕上がって、
5/9 に、必要事項記入して会社の人事に提出した。

会社が、雇用主分を書いてけんぽに申請してくれる段取りらしい。
音沙汰無かったけど、きちんと進んでいたんだね。

そして、
けんぽからの振込が、6/8。
会社に提出してから約1ヶ月かかるんだね。


お給料の6割って書いてあったと思うけど、
ありがとうございます。

仕事辞めちゃう人もいるけど、もちろん人それぞれだけど、働ける場所があるのは今の私には嬉しい。


あ!今日はリハビリしたぞ!

右乳ガン全摘、術後4ヶ月。


下に術後4ヶ月の術部の写真あるので注意してください。
加工無しの写真になっています。
記録なのですみません。

傷の写真をあげることに賛否あるようなので、最初に目に飛び込まないように、今月は大好きな焼きそら豆の写真を先に置いておきます。

そら豆おいしい。
そら豆でお腹いっぱいにしてみたい。




術後1ヶ月の様子はこっち。


術後2ヶ月の様子はこっち。


術後3ヶ月の様子はこっち。


では、

私の癌タイプ。
2016年12月22日、乳がん発見。
浸潤がん、右乳房内側下部、しこりサイズ(T1b)、ステージ(Ⅱa)、リンパ転移(有 1/13)、リンパ郭清(有 level1)。
ホルモン受容体(+)、her2(-)、Ki-67(6%)、サブタイプ(ルミナールA)。

2017年2月9日、右乳房全摘術+センチネルリンパ生検の結果リンパも郭清。
その後、抗がん剤 放射線治療 無しで、5年間のホルモン治療スタート。



痛み。
ブラをつけると、ブラひも当たる部分はまだ少し痛いかな。
術部の上鎖骨の下、胸筋のあたりがここ数日ビリビリする違和感はある。痛いというほどではない。
他に痛い場所はない。
痛くないって素晴らしい!



術部。
・テープ マイクロポアメディガルテープはもう貼っていない。
・保湿 あまりしていない。
・傷跡 赤っぽい皮膚になった。
・カチカチ部 鉄板のようだったカチカチは柔らかくなった。
たまにビリビリ痺れる感がある。
・感覚 術部全体感覚無し。



傷口は、先月と大差ないかな。



ドレーン痕も下にポツポツと2つまだ残ってる。
運動しなきゃなぁ。ボヨボヨだ。



リンパ浮腫。
むくみなし。大丈夫。



リハビリ。
朝晩2回 →やっていない。
基本6種 →やっていない。
腹式呼吸5回 →やっていない。
肩甲骨3種 →やっていない。
肩幅の棒を持ち肘を伸ばしての真上に腕上げ&脇伸ばし30回 →やっていない。
リンパ流すようにさする →やっていない。
終わったら尿素10%配合クリームとベビーオイル。→やっていない。

リハビリ、完全にやっていない。
腕は自由自在に動くし、仕事でリハビリのような動きはしているけれど、いけませんね。
日課にしないと。



ブラジャー。
ワコールのリマンマ のほかに、ウンナナクールのブラにお手製パッドポケットを付けたものを使用。
ワイヤーブラ+シリコンパッド。
暑くなって来て、パッドに汗かくよ。
夏、暑いだろうなぁ、パッド。


これね。
上が、ワコールリマンマ。
下が、ウンナナクールにパッドポケットつけたもの。


シリコンパッドは消耗品なんだって。たまに休ませるために、仕事がお休みの日は、継続してキャンライフの前ボタン式の術後ブラも使ったりしてる。
中に平パッドとタオルハンカチを一緒に入れて。



皮膚感覚。
感覚の無い範囲は、減っていないと思う。
術部全体と、脇の下、二の腕、背中の一部。
ただ、ビリビリ感が出てきたのが、いいのか悪いのか分からない。



ホルモン治療。
タモキシフェン。まだ3ヶ月。3 / 60 。
関節痛と不眠が悩み。



左胸。
月に1度の自己検診。

立って触診。
横になって触診。
前かがみになって触診。

よし。左胸、今月も問題なさそうです。



生活。
基本、元気。
車の運転問題ない。
術前の体重に戻った。
仕事もフルで順調。疲れやすいけど。
旅行にも行けたし。

順調に元気です。
特に不自由なこともないね。
リンパ取ってるから、右腕の怪我や日焼けに気をつけて、鞄の持ち方や圧迫しないようにするくらいかな。
胸がないことには慣れてきた。
たまに忘れちゃうこともあるけどね。

再発や転移のことをたまに考えてしまう。
将来への不安を。
でも、選んできた治療法に後悔はないし、
今できることはしているから。
再発や転移があったら、またその時できる治療をしていこう。
今は、私の日々を一生懸命過ごそう。

歳とることさえ素晴らしいよね。



タモキシフェン3ヶ月経過 (3/60)。


20170607。
乳がんのホルモン治療3ヶ月経過。
タモキシフェン、毎晩 1錠服用。



漢方薬、加味逍遙散。
更年期障害によく使われるという漢方薬、加味逍遙散をタモキシフェンの副作用対策として処方されて、服用し始めて3週間。


関節痛が減った気がする。感情の激しい起伏も減って意味なく落ち込んだりすることもなくなった気がする。
食欲も出てきた。



気になること。
タモキシフェンの副作用と関係あるのかは分からないけれど。

・全身の関節が痛い。
関節痛は以前より良くなってるけど、全身の関節が痛い。特に肘 膝 指 手首 足首。一時期軽くなったんだけど、また最近痛む。関節を逆に押さえると痛みが減るから、気づくとジョジョ立ちですかってくらい変な体勢になってる。

・全身のダルさ。
ダルいけど。ダルいけど、ダルさは減った気がする。動けるようになってきたし。

・すごく寒がり。
寒がりは変わらず。
腹巻したりヒートテック着たり。
未だに電気毛布使ったり。
職場でストーブ抱っこしたり。

・たまにPMSのような腹痛。
たまにあるけど、本当にたまに。
6/3からの生理自体は、生理痛ひどくなかったな。



睡眠の様子。
タモキシフェン飲み始めてから、ずっと睡眠の質が悪くて困っていて。
寝つきはいいけど、2時間で目が覚める。目が覚めると動悸がしてなかなか寝付けない。
でも、ここ数日は長めに眠れている!
夜中に起きる回数も減ったし、夜中の動悸も減った。良い傾向。
今日は、ついに、寝坊した!寝てるんだね。良い傾向。
眠剤はこれ以上増やしたくないから、昼間の行動やリラックスイメージなど意識してみる。
最近の調子の良さが続けば眠剤を元の量に戻せるかな。



食の様子。
朝は、普通食またはお粥。
昼やお弁当は、お粥が多い。
夜は、おかずを。
最近はいろいろと食べられるようになった。
食欲出てきたよ!



便秘と軟便。
お粥生活のおかげで胃腸が元気になったのか、便秘はなくなった。たまに軟便の時もあるけれど、毎日出ているのは素晴らしいね。



生理。
今月の生理は、4日間。ほぼ痛くもなく量も多くなく。痛み止めも3回くらいしか使わなかった。こんな生理だったら毎月楽なのに。



服用、3ヶ月現在の様子。
(*主にいわれる副作用を自覚している範囲で)

・ホットフラッシュ ×→△
・ほてり ×
・倦怠感 ◎
・寝汗 ◯→△
・頭痛 ×
・不安 ○
睡眠障害 ◎→◯

・吐き気 ×
・嘔吐 ×
・食欲不振 ◯→×
・食欲増加 ×
・体重増加 ×
・イライラ ×
・発汗 ×
・肌荒れ ×
・しわ ×

子宮体癌 -
・生理不順や不正出血 ×
・陰部の痛み・出血・乾燥 ×
・性交痛 ×
子宮筋腫 -
・骨髄抑制 -
・胚塞栓症 -
血栓塞栓症 -
白内障 -
・視力の低下 かすみ目 視野の異常 ×
脂肪肝 -

・その他
関節痛◎




3 / 60 終了。あと57ヶ月。
タモさん、今後もよろしくお願いします😎。

今月の生理、痛くない。


今月の生理、昨日来た。周期31日。

昨日も今日もそんなに痛くない。
こんなに痛くないのは久しぶりだなぁ。
助かる。

仕事も順調に進むし、動けるし。
助かる。

何がどういう仕組みで今月痛くないのか分からないけど、助かる。



昨日から、右胸の術部の上(鎖骨の下)周辺がビリビリする。
痛いわけではなく、たまに痺れる感じ。

術後ずっと、感覚がない場所なんだけど、
もしかしたら少しずつ感覚が戻って来ているのかもしれない。
と、期待したりしている。


もうすぐ術後4ヶ月。
まだ変化するのかな。

全摘後初めて、彼氏と会った。


ついに。

乳がんの全摘術後、初めて、彼氏と会った。
3泊4日の旅行のようなもの。
遠距離しているから、普段は月一くらいで会ってるけど、今回4ヶ月ぶりで。
危なく人見知りしそうになった。



少しドキドキする。
私には見慣れたこの胸も、彼氏にとっては初めてだから。
ナイーブな問題だから、どんな反応しても受け止めて優しくしてあげようと思ってて。
男性全般、性のナイーブな部分に強くないイメージがあるんだよね。私の中に。


胸が無くなったのは私だけど、彼女の胸が無くなった彼氏の気持ち、イメージ難しい。
まぁ、おっぱいが無くなることについての想いは、男女に限らず個人差があるよね。
考えても分からないか。



彼氏は緊張していたかもしれない。
分からないけど。
今思うと、緊張していたのはやっぱり私だったのかな。


見せるのは刺激が強いだろうと思って、まずTシャツの上から右胸を触らせてみた。

「うわ!…ほんとに無い… 。あ、アバラが… 」
「かわいそう」

という、反応だった。他には何も言わなかった。
戸惑ってたみたいだけど当たり前だよね。
ただ、私が傷つくようなことも、言葉だけの無責任なことも言わないでくれた。

無責任なこと言わないところ、一番好きなところ。

それが本当に嬉しくて。
力が抜けた。
ありがとう。

「かわいそう」って抱きしめてくれた。
そうか。かわいそうって思うのか、なるほど。

私は自分のことだから受け止められるけど、かわいそうなのは、関係ないのにこの胸と向き合うあなたのほうだよ、と思ったけどね。
私に捕まっちゃってかわいそうに。



そのあと、一度、チラッとTシャツめくって見てたけど、
「ほんとに無い」とだけ言ってた。
この一度だけで、それから4日間、彼氏は、私の右胸を見ることも触ることもしなかった。
他は、今までとあまり違いはなかった。

右胸、避けられてるね。
見るのが怖いのかな。
接し方が分からないのかな。
気遣ってるのかな。
どう思っているのかな。
初めましてだしな。
少しずつ慣れてくれたら一番嬉しいけど。
慣れてくれるかなぁ。



あ。彼氏がとても心配していたのは、
ホルモン治療で性格が変わっちゃう!ということだったらしい。
だけど、
「性格、変わらなかったなぁ。ホルモン治療すると変わると思ってた」
と言ってたから、変わっていないらしい。安心したようだ。良かった。



でも、変わる人もいるだろうと思う。

ガンになって、考え方変わることもあるだろうし、治療によっては気持ちに余裕もなくなるし。
考え方変わると、性格変わったように見えるかもしれないし。
副作用の出方によっては、本当に性格変わったようになってしまう人もいると思った。


私は、術後も調子いいし、治療も楽だし、副作用も楽なほうなんだろうね。
特に何も性格に変化はなさそう。
あるとしたら、コンプレックスが増えたことでネガティブになりやすいということかな。

だけど、もともとネガティブな性格だからなぁ。
ネガティブをオモテに出さない対策は染み付いている。お手のもんよ。
すぐにオモテに出したりしないで、ネガティブを一旦寝かせるように心がけて。



ごめんね、こんな彼女で。
強くならないといけないのに。

私は私の体を守らないといけないから、この体を申し訳なく思うのは違うのに。


私も、彼氏も、かわいそうじゃないのにね。

誰も悪くないのにね。