mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録。 37歳で告知、38歳でope。現在40歳。 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

半年ぶりの乳腺外科。

20190902。

乳腺外科、採血、エコー、診察。

最近の気になること。
胃が痛い。
手首が痛い。


あー 今日も暑い。
汗だくで病院到着。
今日は病院滞在時間長いのに、
iPhone充電するのを忘れていた。
今すでに36%。
4時間かかる予定で、その間iPhoneポチポチしたかったんだけどバッテリータリナクネ?



まず採血へ。


その後エコーへ。

エコーは技師さんがしてくれるパターン。
今日のエコーでは全摘の右は特に何もなさそうだな。
左には前回、良性の何かが2個くらいあったんだよね。今回どうなってるかな。

エコーって、白黒の縞模様で
何がなんだか分からないよね。
ただ「何か」のところだけ楕円の黒いのが写るんだよね。
そしてその何かのサイズを測るんだよね。
エコー技師さんて、乳腺専門とかあるのかなぁ。全般的にどこでもエコーできるのかな。
わかんないね。


診察
検査結果が出て診察へ。
採血結果、異常なし
腫瘍マーカー、正常値
(CEA→1.22、 CA15-3→10)

エコー結果、異常なし
左に良性の2個くらいあるけど、変わりなし。

遺伝子検査をしたいから転院を考えていることを伝えた。
そしたら
「シングルサイト受けて陰性だったんでしょ?それなら必要ないんじゃない?」
と言われた。
まぁ…確かに…そうなんですけど。
そうなんですけどねぇ。
もう少し考える。
先生が決めるんじゃなくて自分で決めたい。

それと、腫瘍マーカーは低かったけど、よく見たら貧血が心配。
L(low)が並んでる場所があるけど、このあたりは貧血検査のゾーンだと思う。よく知らんけど。

あ、でもよく見たら、
前回(2019/03/04)もLが並んでるや。
ヘモグロビン10ギリギリだけど。
ヘモグロビンは7を切ったら輸血必要なんだよね、確か。
ちょっと明日ホウレンソウ食べようと思う。




タモキシフェン90日分出ました。
引き続きです。
「2年半経ったから、あと7年半だね。頑張ってください」
って先生言ってた。
(長っ!)って思ったけど、まぁ日々の暮らしに染み付いてるから服用は忘れない。
でも今40歳だから、7年半経てば終わった頃には更年期始まってるだろうし、ホルモン大暴れがずーっと続くんだな。
タモキシフェン服用中は妊娠禁止だけど、終わってからとか考えられないし。
とにかく、それまで元気でいられることのほうが大事だな。



転院…?
転院…転院しようかな。
遺伝子検査のこともあるし、ここの病院半年に一度しか診察ないし。技師さんがエコーするし。
私はなぜか直接自分でエコーしてくれる乳腺外科の先生のほうが安心できる。
そして3ヶ月に一度診てほしい。
だけど、転院候補の病院がどんな診察するのか分からないから悩む。

転院しようかな。


実家を出て4ヶ月。
冬が夏になったよ。

2泊3日で実家に帰ってきた。
開放感 笑。


その前に
ここ最近いろいろ不調続きで、

・足がつる
・疲れが取れない
・熱が出る
・手首痛い
不整脈
・めまい
・むくみ
・夜トイレに起きる

とか、なんか、今までもちょこちょこあったけど、なんか、最近ちょっと多くて。仕事に支障が出てたんだよね。


一番心配したのは、橋本病の悪化。
橋本病は甲状腺から出てるホルモンの病気で
私は20年くらい付き合ってるんだけど、
症状が曖昧だから悪化したとは断言できなくて。


で、6月に、いつもの病院行って相談してきた。
検査入院して詳しく診てみないと分からないけど、
そんなに心配するような状態ではないって。
気になる症状も橋本病は関係ないかなって。
そうか、良かった。

でも。では、なんだろうこの不調は。
タモキシフェンのお陰でだいぶエストロゲンも減ってるからその影響なのかな。
まぁ様子見ですかね。
だけど、免疫力というか抵抗力が減ってる感じがするんだよね。
アレルギー発作の回数も増えてるしすぐ熱出るし蕁麻疹出るし、腱鞘炎になるし。
これもタモキシフェンによる更年期障害の影響なのかなぁ。。


実家に帰って、妹に会えて嬉しかった。
妹も乳がんで去年全摘したんだけど、数週間前に再建術を受けてて。
退院したばかり。
妹は、大きな病院で治療うけてて、乳輪乳頭皮膚温存の全摘術だったんだけど、全摘した胸にバックを入れて一年かけて膨らまして、バックをシリコンに入れ替えるというもの。
胸の状態はとても綺麗だった。

私は地元の総合病院で手術したから全摘一択だったんだよね。
後悔はしていないけど、夫は私の胸を見たがらないからコンプレックスに感じてしまって、綺麗な胸が少しうらやましかった。



実家に帰って思ったんけど、
乳腺外科の病院を変えようかなと。
私もしっかりHBOCの検査受けたいし、甲状腺の病気との連携もしたいし。
4ヶ月前に転院した今の病院の乳腺外科もいい先生だけど、
遺伝科がないし、転院を考えている。
甲状腺診てもらってる病院は少し遠いんだけど、そっちに転院しようかな。



妹は元気だったけど、少し体調が良くないみたいだ。
どうかどうか妹の身体にこれ以上何もありませんように。
お願いします。

夏服なのにパッド仕込み忘れた件。


この間のお休みの日、部屋着の下にスロギーで楽に過ごしていたんだけど、
ちょいと夕飯食べに外に出ようってことになりまして。

私は右おっぱいを全摘してて。
リマンマのシリコンパッドを使ってるんだけど、
最近はね、ちょっとした外出ならスロギーの下にパッドを仕込んで出かけちゃう。


そしたらね、
油断ですかね。パッド仕込み忘れて出かけちゃって。
しばらく私もオットさんも気付かず混んだレストランで順番待ちしてたんだよね。

スロギーの上はポロシャツです。
片側ペッタンコが丸わかり。
しかもショルダーバックだったから特に。


突然胸がないことに気付いてから、
冬なら着込んでるからまぁいいやってなるけど、さすがにポロシャツ1枚だとウギャー!ですよ。
目立ちたくない。
怖がらせたくない。
それで、不自然に胸の前で腕組んだりしちゃって。
コサックダンスでも始めますか?みたいな。
オットさんは「大丈夫だ、誰も見てない誰も気にしてない」と言うけれど、ソワソワしちゃって。

そしたらお店の人が「いかがなさいましたか?寒いですが?」と声かけてくれちゃったりして。
優しさに申し訳ない。
もう無駄にアレコレ頑張らないで、
気配を消すしかないと悟りました。

食事中もソワソワでしたが、
気配を消して「無」でいただきました。

となりにいるオットさんに申し訳なかったです。
本当に最近、こんな体でゴメンて思ってしまう。
無意識にコンプレックスに感じてるんだな私。


薄着の時は気をつけようというお話でした。

婦人科 結果。


20190322。

今日は先日の婦人科検査の結果を聞きに来たよ。

子宮体がんの検査と
腫瘍マーカーの検査。

体がん、異常なし。
腫瘍マーカー(CA125)、13(基準値内)、異常なし。

良かった。

次は半年後でいいんだけど、
先日のエコーで右卵巣が腫れてたのが少し気になるから3ヶ月後にもう一度見てみましょうって。

3ヶ月後、エコー。
半年後、頸がん 体がん検査、腫瘍マーカー


だそうです。

とりあえず安心しました。

新しい婦人科。


20190318。
今日は、引っ越してから初の婦人科へ。
乳腺外科と同じ病院にした。

紹介状を持って。


まず、
尿検査
血圧
問診票記入



そして、診察。

紹介状の内容に沿って問診しながらしっかり確認してくれて、信用出来そうな先生だと思った。

私が乳がんを患っていること、
タモキシフェン服用していること、
近親者にHBOC(遺伝性乳がん)がいることから、
「しっかりフォローアップして行きましょう」と言ってくれた。
ありがたい。
はい!よろしくお願いします!



子宮頸がん検査 は、年一回、
子宮体がん検査 は、半年に一回。
あとは、
子宮 卵巣のエコーと、
卵巣の腫瘍マーカーを、
みていきましょうと。
丁寧でありがたい。


今日は子宮卵巣のエコーと体がんの検査、採血。
エコーでは右の卵巣が少し腫れているけれど、排卵によるものっぽい。
体がんの検査は痛いから嫌いなんだけど、仕方ない。今日そんなに痛くなかった。

そして採血。

終わり。

混んでるように見えたけど早く終わった。
ありがたい。


次回、
結果を聞きに今週の金曜日に来る。
先生は金曜日なんだって。
今日は初診だからいたのかな。
これからお世話になる先生。
よろしくお願いします。


4月から仕事が始まるから、3月中にいろいろ終わらせたい。

新しい病院と先生。


20190304

新しい病院。
新しい先生。
引越し後初の診察。


診察。
紹介状と一緒に同封されていた資料やCD-ROMにいろいろと「抜け」があるようで、
資料としてあまり分からないと言われた!
ガーーーン
前の主治医先生、好きだけどデジタル弱いからあり得ると思って苦笑いしちゃった。

とにかく術前の状態のことは分かったけど、術後の状態のことがあまり分からないから、
今日、エコー マンモ 採血 をすることに。


先月(2019年2月)で再発のピークである術後2年を超えたから、半年に1度の検査になりますって。
ここの病院では、術後2年からは半年に一度の検査になるそうだ。CTと肺のレントゲンを交互にするらしい。
つまりCTと肺レントゲンは年に1回検査。
エコーと採血は半年に1回の検査ということだ。
先生に会うのも半年に1度。

そして遺伝子検査は受けたくなったらここの病院で受けられるって。

婦人科は定期的に診てもらうようにって言ってた。


エコー。
エコーは技師さんではなく先生がしてくれた。
私は自分でエコーする先生のほうが信用できるから、良かったー。
術側(右)のリンパに異常なし。
健側(左)のおっぱいは、1cmくらいの腫瘍と小さい何かがあるらしい。
1cmの腫瘍はたぶん前の病院で細胞診したものと同じと思われる。形的に良性ですね と言われた。ほー。
半年様子見。


採血。
CA15-3 → 9 異常なし。
貧血あり。


マンモ。
左のみ → 異常なし。


薬。
タモキシフェンは3ヶ月後薬だけ取りに来る。


次回診察。
半年後(9/2)にエコーと採血で診察。


新しい主治医先生の印象は、
・話しやすい。
・でも話聞いてない。
・問診票見てない。
・エコー上手。
・カルテは手書き。
・優しそう
そんな感じ。

持ってきた紹介状に同封されていたCD-ROMは返してくれた。自宅保管してくださいとのこと。へー。


次回は3ヶ月後(6月)電話予約して、薬の処方をしてもらう。
半年後(9/2)13:30までに病院に入る。エコーと採血と診察。


帰り際に優しく「2年が経ったので今日はお祝いしてください」と言ってくれた。
好感度up!!!

実家の家族にLINEしたら、おめでとうが返って来た。
一緒に暮らしはじめた彼氏に話したら、仕事帰りに買ってきたじゃがりこをくれた。

乳がん全摘、術後2年。

20190213。
下に術後2年の術部の写真があるので見たくない場合はお気をつけくださいね。
加工無しの写真です。
記録なのですみません。

傷の写真にビックリしないように、1月に家族で行った沖縄旅行の写真をピックアップ。


1月なのに桜が咲いてたの。嬉しい。



では、

私のがんタイプ。
2016年12月22日、37歳で乳がんの告知を受ける。
種類 (浸潤乳管がん)
場所 (右乳房内側下部)
しこりサイズ (1.79cm T1b)
ステージ(Ⅱa)
リンパ転移 (有 1/13)
リンパ郭清 (有 level1)
サブタイプ(ルミナールA)
ホルモン受容体(+)、her2(-)、Ki-67(6%)

2017年2月9日(38歳)、右乳房全摘術+センチネルリンパ生検の結果リンパも郭清。
その後、抗がん剤 放射線治療 無しで、ホルモン治療スタート。

現在(40歳)ホルモン剤タモキシフェン服用中。
どうやらこの半年でタモキシフェンは10年間の服用に変更になったようで、残りはまだまだ。



痛み。
2年。
痛みもツッパリ感も全く無し。



術部。
・保湿 ボディクリームをついでに塗るくらい。
・傷跡 見た目、白くなってきた。
・感覚 術部の感覚はないまま。術部全体と脇の下の一部から背中側の一部分まで。


術後2年現在の2019年2月の様子。


なんかね、
白くなってきた気がする!
へへ♪



リンパ浮腫
むくみ、自覚としてはなし。
圧迫しないように、重いもの持たないようにはしているよ。



リハビリ。
リハビリは、ハッ!と思い出した時にやる程度。



ブラジャー、パッド。
ずっと同じシリコンパッドと、乳がんパッド専用ブラ。
ワコールリマンマのをメインに。
シリコンパッドは傷みもなくまだまだ元気に使えている。
ブラはそろそろ傷んできた感がある。



ホルモン治療。
タモキシフェン。まだ23ヶ月。
10年は120ヶ月か。120-23=97。残り97ヶ月。
ちょっと月単位での計算はしづらい。

タモキシフェンの影響だろうけど、疲れやすい。
でも「私は疲れやすい」ということに慣れてきて、
休憩や無理のない計画を立てやすくなったかな。
関節痛は手指だけ。
寝起きの体のこわばりはある。
ホットフラッシュは困るほどじゃない。
汗が出そう!を感知しやすくなった。



生理。
ホルモン剤のタモキシフェンを飲むようになって、生理周期が40日前後に伸びた。
伸びたけど、来ている。
生理痛はあったりなかったり。



左胸。
月イチくらいで自己検診してるよ。
立って触診。
横になって触診。
前かがみになって触診。

私の左胸は今のところ問題なさそうです。



遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)。
私は、遺伝性乳がん(HBOC)の親族がいる。
シングルサイトという検査を受けてみた。
シングルサイトとは「親族がHBOCと診断されたその遺伝子(通常1つ)」と同じ遺伝子を私が持っているかどうかを調べる検査。

確率は2分の1。

この検査で私は陰性でした。
つまり、私には親族と同じ遺伝子はなかったから、遺伝性乳がん(HBOC)とは診断されていない。
けれど、ほかのHBOC遺伝子の検査はしていないから、遺伝性乳がん(HBOC)ではないという診断もでていない。
どっちつかずのまま。
はっきりさせたほうがいいのかどうか、まだ悩み中。



生活。
元気に順調。
おっぱいがないことが、少し気になる時がある。
でもやっぱり再建には抵抗があるから、結局最後には、これで良かったんだって納得するんだけどね。


仕事は休業中。
県外に引越しするので、店舗異動させてもらうことになった。4月から復帰予定。
環境変わるのはこわいよねー。


彼氏とは今月から一緒に暮らす。
この半年でまたいろいろ話した。
「お付き合い」と「結婚」はやっぱり関係性が違うなぁと思った。
来月籍を入れる予定。
私の性格的に不安のほうが強いけど、無理せずやっていこうと思う。


運動はあまりしてない。
気持ちに余裕がない時こそ動いたほうがいいんだけどね。余裕がないから動けない。
矛盾。


食事はしっかり食べているよ。
低糖質を少し意識してる。


妹も元気に頑張ってるよ。
術前抗がん剤が終わり、全摘術も終わり、エキスパンダーが入っている。今年の夏あたりにシリコンに入れ替えをするんだろうな。



まとめ。
ガン発見時のステージが、その後に大きく関わるよね。

ガンに限らず、病気にならないのが一番なんだけど、そんなの神様でもどうにもできないから、せめて病気になってしまったら、その時できる治療がたくさんあるといいなと、本当にすごく思う。

そして病気に限らず、ハプニングに気付いた時、その時できる対処法がたくさんあるといいなと、思う。

なるべく早く気付いて、対処する。

流れに身を任せて時が解決することもあるだろうけど、
最近の私は「動くこと」が大切に感じているんだよね。
どうしてこう考えるようになったのかは、よく分からないけど。