mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録。 37歳で告知、38歳でope。現在40歳。 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

夏服なのにパッド仕込み忘れた件。


この間のお休みの日、部屋着の下にスロギーで楽に過ごしていたんだけど、
ちょいと夕飯食べに外に出ようってことになりまして。

私は右おっぱいを全摘してて。
リマンマのシリコンパッドを使ってるんだけど、
最近はね、ちょっとした外出ならスロギーの下にパッドを仕込んで出かけちゃう。


そしたらね、
油断ですかね。パッド仕込み忘れて出かけちゃって。
しばらく私もオットさんも気付かず混んだレストランで順番待ちしてたんだよね。

スロギーの上はポロシャツです。
片側ペッタンコが丸わかり。
しかもショルダーバックだったから特に。


突然胸がないことに気付いてから、
冬なら着込んでるからまぁいいやってなるけど、さすがにポロシャツ1枚だとウギャー!ですよ。
目立ちたくない。
怖がらせたくない。
それで、不自然に胸の前で腕組んだりしちゃって。
コサックダンスでも始めますか?みたいな。
オットさんは「大丈夫だ、誰も見てない誰も気にしてない」と言うけれど、ソワソワしちゃって。

そしたらお店の人が「いかがなさいましたか?寒いですが?」と声かけてくれちゃったりして。
優しさに申し訳ない。
もう無駄にアレコレ頑張らないで、
気配を消すしかないと悟りました。

食事中もソワソワでしたが、
気配を消して「無」でいただきました。

となりにいるオットさんに申し訳なかったです。
本当に最近、こんな体でゴメンて思ってしまう。
無意識にコンプレックスに感じてるんだな私。


薄着の時は気をつけようというお話でした。

婦人科 結果。


20190322。

今日は先日の婦人科検査の結果を聞きに来たよ。

子宮体がんの検査と
腫瘍マーカーの検査。

体がん、異常なし。
腫瘍マーカー(CA125)、13(基準値内)、異常なし。

良かった。

次は半年後でいいんだけど、
先日のエコーで右卵巣が腫れてたのが少し気になるから3ヶ月後にもう一度見てみましょうって。

3ヶ月後、エコー。
半年後、頸がん 体がん検査、腫瘍マーカー


だそうです。

とりあえず安心しました。

新しい婦人科。


20190318。
今日は、引っ越してから初の婦人科へ。
乳腺外科と同じ病院にした。

紹介状を持って。


まず、
尿検査
血圧
問診票記入



そして、診察。

紹介状の内容に沿って問診しながらしっかり確認してくれて、信用出来そうな先生だと思った。

私が乳がんを患っていること、
タモキシフェン服用していること、
近親者にHBOC(遺伝性乳がん)がいることから、
「しっかりフォローアップして行きましょう」と言ってくれた。
ありがたい。
はい!よろしくお願いします!



子宮頸がん検査 は、年一回、
子宮体がん検査 は、半年に一回。
あとは、
子宮 卵巣のエコーと、
卵巣の腫瘍マーカーを、
みていきましょうと。
丁寧でありがたい。


今日は子宮卵巣のエコーと体がんの検査、採血。
エコーでは右の卵巣が少し腫れているけれど、排卵によるものっぽい。
体がんの検査は痛いから嫌いなんだけど、仕方ない。今日そんなに痛くなかった。

そして採血。

終わり。

混んでるように見えたけど早く終わった。
ありがたい。


次回、
結果を聞きに今週の金曜日に来る。
先生は金曜日なんだって。
今日は初診だからいたのかな。
これからお世話になる先生。
よろしくお願いします。


4月から仕事が始まるから、3月中にいろいろ終わらせたい。

新しい病院と先生。


20190304

新しい病院。
新しい先生。
引越し後初の診察。


診察。
紹介状と一緒に同封されていた資料やCD-ROMにいろいろと「抜け」があるようで、
資料としてあまり分からないと言われた!
ガーーーン
前の主治医先生、好きだけどデジタル弱いからあり得ると思って苦笑いしちゃった。

とにかく術前の状態のことは分かったけど、術後の状態のことがあまり分からないから、
今日、エコー マンモ 採血 をすることに。


先月(2019年2月)で再発のピークである術後2年を超えたから、半年に1度の検査になりますって。
ここの病院では、術後2年からは半年に一度の検査になるそうだ。CTと肺のレントゲンを交互にするらしい。
つまりCTと肺レントゲンは年に1回検査。
エコーと採血は半年に1回の検査ということだ。
先生に会うのも半年に1度。

そして遺伝子検査は受けたくなったらここの病院で受けられるって。

婦人科は定期的に診てもらうようにって言ってた。


エコー。
エコーは技師さんではなく先生がしてくれた。
私は自分でエコーする先生のほうが信用できるから、良かったー。
術側(右)のリンパに異常なし。
健側(左)のおっぱいは、1cmくらいの腫瘍と小さい何かがあるらしい。
1cmの腫瘍はたぶん前の病院で細胞診したものと同じと思われる。形的に良性ですね と言われた。ほー。
半年様子見。


採血。
CA15-3 → 9 異常なし。
貧血あり。


マンモ。
左のみ → 異常なし。


薬。
タモキシフェンは3ヶ月後薬だけ取りに来る。


次回診察。
半年後(9/2)にエコーと採血で診察。


新しい主治医先生の印象は、
・話しやすい。
・でも話聞いてない。
・問診票見てない。
・エコー上手。
・カルテは手書き。
・優しそう
そんな感じ。

持ってきた紹介状に同封されていたCD-ROMは返してくれた。自宅保管してくださいとのこと。へー。


次回は3ヶ月後(6月)電話予約して、薬の処方をしてもらう。
半年後(9/2)13:30までに病院に入る。エコーと採血と診察。


帰り際に優しく「2年が経ったので今日はお祝いしてください」と言ってくれた。
好感度up!!!

実家の家族にLINEしたら、おめでとうが返って来た。
一緒に暮らしはじめた彼氏に話したら、仕事帰りに買ってきたじゃがりこをくれた。

乳がん全摘、術後2年。

20190213。
下に術後2年の術部の写真があるので見たくない場合はお気をつけくださいね。
加工無しの写真です。
記録なのですみません。

傷の写真にビックリしないように、1月に家族で行った沖縄旅行の写真をピックアップ。


1月なのに桜が咲いてたの。嬉しい。



では、

私のがんタイプ。
2016年12月22日、37歳で乳がんの告知を受ける。
種類 (浸潤乳管がん)
場所 (右乳房内側下部)
しこりサイズ (1.79cm T1b)
ステージ(Ⅱa)
リンパ転移 (有 1/13)
リンパ郭清 (有 level1)
サブタイプ(ルミナールA)
ホルモン受容体(+)、her2(-)、Ki-67(6%)

2017年2月9日(38歳)、右乳房全摘術+センチネルリンパ生検の結果リンパも郭清。
その後、抗がん剤 放射線治療 無しで、ホルモン治療スタート。

現在(40歳)ホルモン剤タモキシフェン服用中。
どうやらこの半年でタモキシフェンは10年間の服用に変更になったようで、残りはまだまだ。



痛み。
2年。
痛みもツッパリ感も全く無し。



術部。
・保湿 ボディクリームをついでに塗るくらい。
・傷跡 見た目、白くなってきた。
・感覚 術部の感覚はないまま。術部全体と脇の下の一部から背中側の一部分まで。


術後2年現在の2019年2月の様子。


なんかね、
白くなってきた気がする!
へへ♪



リンパ浮腫
むくみ、自覚としてはなし。
圧迫しないように、重いもの持たないようにはしているよ。



リハビリ。
リハビリは、ハッ!と思い出した時にやる程度。



ブラジャー、パッド。
ずっと同じシリコンパッドと、乳がんパッド専用ブラ。
ワコールリマンマのをメインに。
シリコンパッドは傷みもなくまだまだ元気に使えている。
ブラはそろそろ傷んできた感がある。



ホルモン治療。
タモキシフェン。まだ23ヶ月。
10年は120ヶ月か。120-23=97。残り97ヶ月。
ちょっと月単位での計算はしづらい。

タモキシフェンの影響だろうけど、疲れやすい。
でも「私は疲れやすい」ということに慣れてきて、
休憩や無理のない計画を立てやすくなったかな。
関節痛は手指だけ。
寝起きの体のこわばりはある。
ホットフラッシュは困るほどじゃない。
汗が出そう!を感知しやすくなった。



生理。
ホルモン剤のタモキシフェンを飲むようになって、生理周期が40日前後に伸びた。
伸びたけど、来ている。
生理痛はあったりなかったり。



左胸。
月イチくらいで自己検診してるよ。
立って触診。
横になって触診。
前かがみになって触診。

私の左胸は今のところ問題なさそうです。



遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)。
私は、遺伝性乳がん(HBOC)の親族がいる。
シングルサイトという検査を受けてみた。
シングルサイトとは「親族がHBOCと診断されたその遺伝子(通常1つ)」と同じ遺伝子を私が持っているかどうかを調べる検査。

確率は2分の1。

この検査で私は陰性でした。
つまり、私には親族と同じ遺伝子はなかったから、遺伝性乳がん(HBOC)とは診断されていない。
けれど、ほかのHBOC遺伝子の検査はしていないから、遺伝性乳がん(HBOC)ではないという診断もでていない。
どっちつかずのまま。
はっきりさせたほうがいいのかどうか、まだ悩み中。



生活。
元気に順調。
おっぱいがないことが、少し気になる時がある。
でもやっぱり再建には抵抗があるから、結局最後には、これで良かったんだって納得するんだけどね。


仕事は休業中。
県外に引越しするので、店舗異動させてもらうことになった。4月から復帰予定。
環境変わるのはこわいよねー。


彼氏とは今月から一緒に暮らす。
この半年でまたいろいろ話した。
「お付き合い」と「結婚」はやっぱり関係性が違うなぁと思った。
来月籍を入れる予定。
私の性格的に不安のほうが強いけど、無理せずやっていこうと思う。


運動はあまりしてない。
気持ちに余裕がない時こそ動いたほうがいいんだけどね。余裕がないから動けない。
矛盾。


食事はしっかり食べているよ。
低糖質を少し意識してる。


妹も元気に頑張ってるよ。
術前抗がん剤が終わり、全摘術も終わり、エキスパンダーが入っている。今年の夏あたりにシリコンに入れ替えをするんだろうな。



まとめ。
ガン発見時のステージが、その後に大きく関わるよね。

ガンに限らず、病気にならないのが一番なんだけど、そんなの神様でもどうにもできないから、せめて病気になってしまったら、その時できる治療がたくさんあるといいなと、本当にすごく思う。

そして病気に限らず、ハプニングに気付いた時、その時できる対処法がたくさんあるといいなと、思う。

なるべく早く気付いて、対処する。

流れに身を任せて時が解決することもあるだろうけど、
最近の私は「動くこと」が大切に感じているんだよね。
どうしてこう考えるようになったのかは、よく分からないけど。

術後2年が経って思うこと。


2019.02.09。
私の右乳がんの手術から2年が経った。

経過の記事は今度にして、
今日は違うことをアウトプットしようと思う。


胸にシコリを見つけた時のこと、
検査を受けた時のこと、
乳がんを勉強し始めた時のこと、
告知された時のこと、
手術した時のこと、
サヨナラおっぱいした時のこと、
リンパ転移が分かった時のこと、
治療方針が変わった時のこと、
抗がん剤に向けてウィッグの準備をしていた時のこと、
静脈炎でリハビリが辛かった時のこと、
家族のこと、
妹のこと、
姪っ子甥っ子のこと、
仕事のこと、
友達のこと、
彼氏とのピンチの時のこと、
遺伝性乳がんのこと、
いとこの乳がんのこと、
妹の乳がんのこと、
BRCA1のこと、
全てを受け入れてくれた彼氏のこと、
いまだに甘えてしまうけど一番頼りになる親のこと、
心配そうな親の顔、
一生懸命な妹の顔、
今のこの幸せがどうなるのかという不安、
大切な人を悲しませたくないと思うと強くなる気持ち…


私、この2年間、いっぱい頭使ったなー。
いっぱい感情使った。
全部がうまくまとまる訳じゃないけど、
人生は何があるか分からないから。
長いとは限らないから。
悩む時間はもったいないから。
失敗しても、チャレンジしてみる。
動いてみて答えを出していけばいい。
そう、思えるようになった。


来週、引越しをする。
荷物はもう全部運んだし、
転院先の手続き等も終わったし、
転勤先もなんとかなりそうだし、
あとはこっちを片付けて行くだけ。

田舎でしか暮らしたことがない私が、
甘えっタレで根性なしの私が、
パーソナルスペースの狭い都会で、
みんなワタワタ動いている都会で、
海も山もない都会で、
電車に乗る生活で、
どんな暮らしをするんだろう。


そして、
一心同体の妹を置いて地元を離れる。
これが正解なのか100%の自信はないけど、
私は一人しかいないから、自分の人生歩かないといけないし。
妹にも妹の人生を歩いてほしいし。

悲しい寂しいは、すごくあるけど、
私は決めたんだよね。
術後2年、こうやって体は順調に来れて、
私は今、なんでもできる体だ。
やれることはやってみる。
失敗してもいい。
動いてみる。
時間がもったいない。

どうかみんなみんな幸せに過ごしてほしい。
100点じゃなくていいから、
苦しまず後悔せずに幸せを感じながら生きてほしい。

私を支えてくれた皆さん、
心からありがとう。
私、強くなってるよね。
ありがとね。

2019年初診察。CTつき。

20190116。

CT。
造影剤がいつもよりあつかったー。
そして技師さんが、私の職場のお客さんだった。
ちょっと気まずい。。。
そして、造影剤の影響なのか一日中頭が痛かった。


診察。
CT結果。
問題なし。再発なさそうだって。
全身の画像を一緒に見ながら説明してくれたけど、見てもよく分からなかった。
でも一つずつ説明しながら大丈夫って言ってたから、安心した。

紹介状。
手紙書いたからねって。
妹の乳がんについては書いてないから口頭で伝えてって。

エコー。
今日もエコーしなかった。
転院先の病院でしてもらおう。

タモキシフェン。
タモキシフェンが無くなる前に診察してもらわないといけないから、
新しい病院で3月26日までには受診できるように、早めに予約を取る。


最後だから『主治医が先生で良かったです』と伝えてきた。
次からは新しい病院、新しい先生。
相性いいといいな。


転院先について、
紹介状は今日現在で、
外科、婦人科、内分泌科は受け取った。
あとは依頼済みの精神科の紹介状を受け取ったら揃う。
バタバタだなぁ。うまくいくかなぁ。