読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mtylan’s diary

私の頭の中をまとめるための記録 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

乳がん用ブラに改造だ。


今日はお休みデー。
しかも病院もないから自由。


ということで、
中途半端になっていた、ブラジャーのパッドポケット作りを仕上げた。

リマンマで買った2枚のブラだけで、来たる夏を過ごすのは限界があるぞ。
だけど、他にかわいいデザインの無かったし。


乳がんの術前に使っていたブラ達を再利用できたらベストでしょ!
ないものは作ってしまえ!


リマンマブラ+パッドの様子はこっち。
リマンマ、形やスタイルは、さすが、完璧。
デザインがもう少しあればなぁと思ってて。


私は右胸を全摘したから、右だけシリコンパッドを使っている。
そのシリコンパッドを普通のブラにつけられるように、パッドポケットを手作りね。
創意工夫が大事よね。



私流作り方
パッドポケット用の生地として、切りっぱなしでも大丈夫な肌に優しい肌着を用意する。
タイツも可。ストレッチ素材のものがいいね。


持っているブラジャーを、着けた状態でパッドを入れてみて、パッドの居心地が合いそうなブラをセレクト。


リマンマのパッドポケットを参考に型を作り、生地を切る。



縫い付ける。

上がリマンマ
下が手作りブラ、パッド付き。



とりあえず3つできあがり。

上出来!!



私が一番大切だと思ったのは、ブラ選びでした。
ブラによっては、パッドがはみ出たり、上乳が無かったりしちゃうし。
パッドの収まりが悪いと変な形の胸になってしまうし。

型はパッドが動かなきゃいいんだから適当で大丈夫ね。チョーカンタン。


肌着はね、以前ブログのコメントにタイツでもいいですよ、とアドバイスもらってて。タイツで作ろうと思ってたんだけど、どうやら私はタイツが胸に当たるとチクチクしてしまってダメだったのでした。


あとは、装着してみると、やっぱりリマンマはスタイルがキレイなんだなって分かる。
比べるとやっぱり違うんだもん。
首元から胸にかけてのラインが全然。


それから、私のブラはリマンマも含めて全てワイヤー入りのブラジャーだから、シリコンパッドにとっては、ワイヤー部分でダメージ受けちゃうかなぁと少し心配。
リマンマのも同じようにワイヤー入ってるわけだから大丈夫だとは思うけど。


まぁ、いいのだ。
やってみないと分からないし。
チャレンジしないと分からないし。
失敗するのもチャレンジしているからだ!
行動を起こすことが大切なのだ!

人間、無気力が一番アウトなんだよ。
失敗できるということも、とてもステキなことよね。

以上、今日の私のチャレンジでした。
\(▼o▼)/

なんで乳がん検診は40歳からなんだろね。


40歳にならないと乳がん検診受けられない人は、自力でみつけるしかないよね。
ガンも病院も。


住民検診は40歳からでしょ。
職場の検診はそれぞれだろうけど、私の会社は40歳から。


住民検診以外で、乳がん検診を受けられる病院は、私の住む市には無いのだ。
乳がん検診受けたかったら車で3時間走るのだ。
それは以前から知ってた。
いつか受けたいと思っていたけれど、わざわざ受けに行くのは、なかなか面倒な距離だよね。



胸に何かあるのに気づいたのは、去年の夏だったか秋だったか。
乳がんとは思わなかったけど、何かあるから検査いかないとなぁーと思ってて。
市内の病院調べてみたけど乳腺科はないし、どうやら婦人科ではダメらしいし。どの病院も乳がん検診はしていないし。
やっぱり車で3時間か…。

遠いなぁ。

で、放置。しちゃったんだよね。


そして11月、突然だけど総合病院の婦人科に入院して子宮の手術をした。
入院中院内お散歩してて貼り紙をみつけた。

「当院では乳がん検診は受付けていません」

やっぱり。

でも、入院中の同室の人が、たまたま教えてくれたのだ!
ここの総合病院の外科で、自覚症状があるなら乳がん検査できるよ、と。

外科で??!!
外科????
え? 外科なの??
思いつかなかった。。
そうなのか外科なのか。。

そして、自覚症状あれば診てもらえるのか!
なにより、検診と検査は別なのか!!!


なるほど。
自覚症状がある場合、総合病院の外科で乳がんの検査をしてもらえるのだ。
そりゃそうか。そりゃそうだよなぁ。
でも、そんなことを私はずっと知らなかった。
私がおバカなだけなんだけど、知らなかったんだ。



そして、婦人科退院して1ヶ月検診の時に外科を受診したのが12/22。
マンモとエコー受けて、乳がんが見つかった日。


私は運が良かったと思う。
必要な情報に必要な時に出会えたと思うから。

もしも、情報に出会えなかったら、いまだに放置したままで、まだ検査していなかったかもしれないし。
おそろしいね。


なんかさ、
40歳未満でももう少し簡単に受けたい人は受けられるようになるといいのにね。
自覚症状がないけど不安な人は、大変だよ。
早期発見が大切なのにね。

タイトルの答えは分からないけれど。

関節痛が改善傾向。


最近は、仕事が忙しくてテンテコマイ。
帰ってきたら寝る。
遊ぶ余裕はない。
疲れが重なって溜まっていく。
でも、休みの日はなるべく動くようにしてる。



今日は精神科診察日。

乳がんのホルモン治療薬(タモキシフェン)によって体内に分泌されるエストロゲンというホルモンを減らしている。

エストロゲンを食べて育つ乳がん細胞をセーブするためね。
でも副作用として更年期障害のような体中にいろいろな症状が出るんだって。

私の場合は、
不眠、全身の関節痛、食欲不振、だるい、疲れやすい、が特に強い。
世の中の更年期障害の人達、すごいよ。大変だよね。



これらを改善するという漢方薬を先週から処方されていた。
更年期障害の症状によく使う漢方らしい。

一週間飲んでみて、関節痛が良くなった気がする。食欲も出てる気がする。
眠れない、だるい、疲れやすい、は相変わらずだけど。


症状の改善が、ホルモン量に体が慣れたのか、貧血が改善したのか、漢方のおかげなのか、全然分からないけれど、タモキシフェンを飲み始めてから今が一番調子いいかな。


他の薬、先生が調整しようとしてたけど、一週間で変えるのが少し不安だと伝えた。
なので、このまま続けてみる。

副作用、更年期障害の漢方薬。


今日は病院。精神科。

私から伝えたことは、
・眠れないこと。
・全身の関節が痛いこと。
抗不安剤(ワイパックス)について。

ワイパックスの服用時間を朝から出勤時に変更したら、とても快適になったこと。



先生からは、
抗うつ剤の変更の提案。
今飲んでる抗うつ剤(デプロメール)が、乳がんの抗がん薬ホルモン剤(タモキシフェン)の血中濃度をあげる作用があるから、少しずつ抜いて他の薬(レクサプロ)に移していこうと提案された。
一気に抜くと断薬作用が出てしまうから徐々に変えてみましょうと。

更年期障害用の漢方の提案。
タモキシフェンはエストロゲンを下げることで更年期障害のような症状になるわけだから、更年期障害の症状に効く漢方薬(加味逍遙散)を飲んでみませんかと提案された。
これで、不眠とか胃腸の不調が少しなんとかなるかもしれないからと。

眠剤はそのままで。
今飲んでる眠剤(ロヒプノール)は強い薬だから、これ以上増やさない。


主治医が先月から変わったんだけど、どんな先生なのかまだ分からない。



ザ・チャレンジ。
飲み慣れている抗うつ剤を変えることはとても大きなチャレンジ。
昔の私に戻ってしまったらどうしようと不安になったり。合ってる薬が見つかるまでの苦しさも思い出してしまう。
でも、このチャレンジしてみる。
タモキシフェンと仲良くやっていきたいし。
今の状況をなんとか変えたいし。
きっと今の私ならできるはず。
ダメだったら戻してもらえばいいし。


それから、漢方。
漢方は生薬だからきちんと調べて専門家に相談して、飲んでみようかなと思っていた最近です。
でもまず、この漢方を飲んでみようかな。
説明読んでみると、関節痛にどうとは書いていないな。
ホットフラッシュによく効くと書いてあるけど、私ホットフラッシュは、そんなにひどくないんだよね。
不眠や自律神経の乱れにはいいらしいから1週間飲んでみる。
きちんと漢方の専門家に相談しようとは思ってるけど、とりあえず。


まず1週間。来週また診察。
メインの薬が変わるからね。
来週また様子を報告。


うまくいきますように。
どうかどうか。

悔しいけど全身が痛い。


朝ごはん、フレンチトースト。
ここ数日、食欲が戻って来た。
おかえりなさい。


眠るのは相変わらずヘタ。


体が痛い。
各関節が痛い。
足のむくみも取れない。
眠れないせいかと思ってたけど、
もしや、単にタモキシフェンによる倦怠感なのかもしれない。
私が把握している副作用に載ってなかったけど、タモキシフェンで関節痛という情報も見つけた。
もしそうならば、納得がいく。
不眠のせいもあると思うけど、あまりにヒドイ、ダルイ、ツライ。


いつか慣れるのかな。
数ヶ月〜数年と書いてあった。
世の中の更年期障害の人たちすごいなぁ。


塵が積もって結構ツライ。
このくらいで弱音吐いてちゃダメなの分かってるけど。。


今日はお休み。
お休みじゃなかったら欠勤してたね。
体が追いつかないのは悔しいなぁ。

ブラの中心に気をつける。


今日、カラオケに行って来た。

カラオケ行くとどうしても暴れちゃうんだけど、
今日はほぼ座って大人しくしてた。
グッとガマン。私、エライ。
疲れてるし、明日も仕事だし。
何回か抑えきれずに飛んだり跳ねたり踊ったりしたけれど。
汗もかかず、声もかれず、ただ楽しい時間でした。


なのに、おうち帰って、パッと姿見を見たら、
胸が左に寄っているではないか。
え?そんなことになる?って思った。
なんというか、悲しい驚きだった。
見られる側の私は、まぁ、いいとして。
見る側が、見てはいけないものを見た感が出ると思って。
それをなぁなぁにするためにパッドしてるのに、これじゃ意味が半減するよね。


右胸が無いから、なんだかんだ動くとブラが左に寄って行くってことなんだろね。なるほど。


普通に暮らしているくらいではズレたりしなかったけど、カラオケで少しはしゃぐ程度の動きをするとズレるらしい。

私にはパッドが軽かったってことなのかなぁ。
2/3の重さじゃなくて、健側と同等の重さにすればズレないのかなぁ。
乳がん1年生は、発見がたくさんですね。


学習しました。
以後、日々の生活の中、ブラ中心に気をつけます。

電車に乗ったよ。


今日は電車と新幹線を乗り継いで都会に行って来た。
仕事でね。久々の日帰り出張一人旅。
電車に乗ったのは、乳がんの術後、初。


帰りの電車で、右隣に座った女子が私の右腕にガッツリと寄りかかって寝だした。
左腕なら「おー、女子よ、おつかれなのかな、そうかそうか、私の肩でお休みなさい」と思っただろうけど、
右腕はリンパを取ってるから、そんなにガッツリ寄りかかられるとダメなのですよ。
しかも肩じゃなくて腕なの。ダメ、絶対。
それを、どう女子に伝えようかとしばらく考えたけど、答えが出なくて。
まぁ、そんな簡単にリンパ浮腫にはならないだろうけど。
油断しないって初心に戻ったばかりだから。


普段は車移動の生活で電車に乗ったりしないし、田舎に人混みなんかないし、他人が半径1m以内に入ることなんて仕事以外でなかなか無いんだよね。こんなにピッタリくっつくことがあるなんて。パーソナルスペースがないなんて。青天の霹靂。


想定外の出来事に戸惑って。

知らない女子が私の腕で寝てる。

そろそろ腕が痺れてきた。

リンパ浮腫になったらダメだよね。

知らない女子に、どう声をかければいいんだ。

こういう時都会人はどう処理しているんだろう。

電車の揺れで女子が一瞬起きたその隙に、体をずらす。

背中に寄りかかっていただくことに成功!!

よしよし、おやすみよ☺︎


どこにどんなトラップがあるか分からないね。
都会人は大変だなぁと思いました。


7月には東京に遊びに行くんだ。
大好きな人達に会うんだ。
今日の出張は、私にとっては鉄道のリハビリよ。


あ。7月の前に今月の3泊4日があるんだった。
むむー。どうしよう。


ととととにかく!今日は早く寝る!
全身が痛いよー。
体力ほしいなぁ。
骨の痛みが早くなくなりますように。


追伸。
今日、イトコの乳がん温存手術が無事終わったって。詳しいことやセンチネルの結果は分からないけれど。でも、良かった。
どうか、浸潤していませんように。