mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

脱毛対策。

朝リハビリ、意外とスムーズ。
痛みは、昨日よりずーーっと楽。
うれしい。本当にうれしい。

ただ、右耳に違和感。水が入った時みたいに何か聞こえる。

今日はポカポカあたたかい。
あたたかいと心も溶けるよね。


スッキリにオザケン出てた。
トークで「人は1回しか生きられないから」って言ってて。
そうだった、ウダウダしてたらもったいないんだった。

1年後じゃなくて、5年後を見ないと。


昨日、腸閉塞予防の薬を再開して、
今日ウンチ出たよ。よかった。

今日は車の運転してみた。
痛い。やめた。


脱毛する前に髪を短くしようと思って。いつも行ってる美容院にカットの相談に行ってみた。
私、どうやら脱毛にすごく恐怖を感じているようだ。最近気付いた。
抜け始めから抜け切るまでの期間がすごく怖い。
イメージしていたより数段ツライ。

なんだか全然まったく受け止められない。
もともと強いクセ毛で髪の毛コンプレックスがあって神経質になってるのかもしれない。

ショックを少なくするために、抜ける前にショートにするぞ。カエラちゃんみたいにするぞ。いや、それは無理だ。顔が違う。
とにかくウィッグが手に入り次第予約を取る。
なんとか気持ちの用意もしっかりしないと。

担当の美容師さん、医療用ウィッグのカットは何度かしたことあるそうだ。
ウィッグを買ったお店でカットしなくてもいいならショートにする時に一緒にウィッグのカットもしてもらうことにした。
相談している最中に、もう涙が出そうだった。
人前で、簡単には、泣かない。

医療ウィッグを扱ってる美容院にも行ってみた。
このお店の医療用ウィッグは1種類。
サイズとカラーは選べるけれど、在庫がないものは30〜40日かかる。間に合わない。
人工と人毛のミックス。
15cmタイプ。短い。
カットやアイロンは使える。
64,800円。
Sだと少し小さいらしい。
ショートカットのサンプルしかなくてソレを被ってみた。
意外と悪くなくて少し安心した。
仕事でお客さんの前に出ても気を遣わせないかも。
でも、先日他のお店で見せてもらったウィッグのほうが断然自然な感じがする。


彼氏にLINEした。
病理結果はまだ出ていないこと。これから抗ガン剤治療が始まること。諸々の予定は約束できないから諦めることを伝えた。
ウィッグのサンプルを被った写真も送った。

やはり抗ガン剤でしたか
これからも先もあるからね。その時は一緒に。
顔変わった?まるくなった?
あー、髪型の影響か

だって。

なんとなく、あ…もう終わりなんだなと感じて、
返信に返信はできなかった。
これ以上ツライのは今は無理。
別れてしまおうと思ったりしていたのに、
どうやら私、終わることをツライと感じているようだ。


お風呂に入る時に服を脱いだら、右腕だけ服の跡がついていた。だいぶむくんでいる。ショック。

夜のリハビリ。触ってみると静脈炎を起こしているのを7本確認した。ショック。


今日はお風呂で涙が出た。お風呂でなら泣いてもいいでしょう。
私は何がそんなにツライんだろう。
なんでこんなに泣くんだろう。
治療できるのに。マイナス面しか見えなくなっている。
そういう時期なのかな。生理前だし。

早くいろいろなこと吹っ切れますように。
考え方を変えられますように。
今までのように人生を受け入れられますように。

今日は嬉しかったのは、
いつもより痛くなかったこと。
証明写真を撮らないといけなくて久々にお化粧をしたこと。
脱毛に向き合う準備ができたこと。
彼氏にLINEする勇気が出せたこと。
よし。私エライ。