読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mtylan’s diary

私の頭の中は何を考えているのか

170210金。手術翌日。

乳がん

朝になって集中治療室がバタバタしてきた。
着替えさせてもらったりした。

左腕に点滴。右脇からドレーン。足には血栓予防。
採血とりますが、左右とも腕は使えないので足の付け根から取りますって。え?ウソでしょ?と思っている間にとられた!いたいよー!!

なにかと、隣のベッドの患者さんが「誰かいませんかー!」って急に大きな声出すからビックリする。ナースコール押すことをしないのかできないのか分からないけど。代わりにナースコールしてあげる。こんな状態でも誰かの役に立てるものなんだね。

時計がどこにもないから何時なのか分からない。

朝ごはん。食べられない。起き上がれない。ベッド起こすとあぶら汗出て気持ち悪い。すぐフラットに戻してもらう。ふた口食べて、痛み止めだけ飲む。

回診。
先生大勢来て回ってたけど、主治医の先生に、
私「リンパも取った、大丈夫ですよね?」
先生「大丈夫かって?治療が始まるってことだね」
私「治療すれば、治りますか?」
先生「治る可能性が高い」
私「はい!」
治りますか?って聞くのは勇気が必要だった。でも聞いておきたかった。そこで生き方が変わる気がして。

術衣から病衣に着替えたり尿の管抜いてもらって、部屋の移動だ。
個室があいてるっていうから数日間個室にいることにする。

母登場。部屋に車イスで連れられて来たけど、ウンチしたくてトイレまで歩いてみた。
出たけど上からも戻した。気持ち悪いー。歩くのはまだ早かったかぁー。

お昼までは寝たり、少し体起こしたり。

お昼ご飯。やっぱり気持ち悪い。食べる前から気持ち悪い。手術が予定と変わって長引いた分、麻酔を追加したからその影響らしい。
お昼も2くち。
妹もお昼休みに来てくれた。
疲れてそうだったな。大丈夫なのか?仕事大変なのに心配かけてしまって不安にさせてるなぁ。

彼氏にもLINEしてみた。
手術終わったこと、リンパまで転移あったこと、今後化学療法の治療がはじまること、覚悟と自信がないこと。

返事は、覚悟や自信がなくてもやるしかないもんね!って。
いてくれることがどれほど救われるか。

リハビリの先生来た。初めまして。
6種類教えてくれた。明日あさって(土日)自主トレ、月曜日からリハビリ室へ。
ドレーンが取れるまでは、右腕は水平より上にあげてはダメ。顔洗うはOK。髪梳かすはギリギリ。つまり髪の毛結べない。不便。

主治医の先生来た。抗ガン剤になるかホルモン治療になるかは、病理検査の結果次第。ガンの性質や個数で決まるらしい。抗ガン剤なんて私に耐えられるだろうか。

17:00 仕事帰りに迎えに来た父と共に母帰宅。


専任看護師さんが顔出してくれた。顔見たら泣いちゃった。ガンのこと詳しい人って他に知らないから。。リンパに転移があったのは自分で思ってた以上に受け止めきれないショック。
今はゆっくりでいいです。いろんな感情出てくるの悪いことじゃないからって。今はゆっくりって。

18:00 夜ご飯。おかゆ半分、お味噌汁2/3、豆腐ひとくち。
成長してるー。

20:30 点滴がとれた。あとはドレーンだけ。

(一応画像にキラキラ加工してみた)

キズはそんなに痛まない。ドレーンのところが痛い。あと動きによっては胸も痛い。痛むとないことを気にしてしまう。今後の治療を考えてしまう。

頭が痛くなってきて、アイスノンしたり外したり。部屋の換気をしたり。
日記まとめて、友達と家族にLINEして、返信返すものも返した。友達、そこにいてくれるって。涙が出る。支えられてるなぁ。
んー。落ち込んでても仕方ないけど受け止められないから、眠剤飲んでおやすみなさい。

寝る。