mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録 37歳で告知を受け現在39歳 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

はてなブログにただいま。


最近、はてなブログから逃げていました。
つまり私にとっては乳がんから逃げてたってことだね。


悲しいことが続いたからなのか。
今の私の生活が乳がんで埋まっていないからなのか。
自分の気持ちというか、うまく理由が分からないんだけれど、
とにかく乳がん関連から離れていたかったんだよね。

ニュースや記事も気に留めないようにしてたんだ。
別にずっと病気のこと考えていないといけないわけじゃないからね、
離れたい時期は離れていればいいじゃないかと思うわけです。

病気に限らず、なんでもそうでしょ?


年末、伯母が乳がんで亡くなって、今年に入って職場の先輩が亡くなった。
人が死ぬのはいやだ。
いやだよね。

私は向き合う前に逃げちゃうんだよね。
受け止めきれない。
いつもそう。
いかんなぁ。


でね、こうやって逃げていたわけなんだけど、
今、ふと、あれ?私の乳がん、ステージなんだっけ?
手術室に入った時どんなだったっけ?
抗がん剤治療するってなった時どうやって覚悟決めたんだっけ?
抗がん剤やらないことになった時、私どんなだったっけ?
何に悩んでどう考えたんだっけ?
と急に気になったのですよ。


で、今年初めてはてなを開いたわけです。
私の術前の気持ち、
術後の気持ち、
いろいろ読み返してみた。
で、泣きはしないけど苦しくなっちゃった。
なんでだろね。

でも、逃避行から戻ってこれた感があるよ。
はてなを開くと、強い気持ちになるんだなと感じている。
今、少し強くなった気がするよ。

もう一度乳がんを受け止めて、
一緒に生きて行こうと思います。


それとね、アクセス見てみたら、私が逃げている間も毎日500を超えるアクセスがここにあったようで。
どういう人が読みに来ているのかは分からないけれど、みんな向き合って戦っているのかなと思った。
私のブログは個人的なメモというか、私の頭の中をまとめるために書いてるだけだから、ひっそりとしたものなんだよね。
だから、誰かの役に立つようなことは特に書けていないし、どちらかというとグジグジした内容なわけですよ。
なのに、たくさんの人が毎日ここを通過しているっていうのは、みんなきっと何かを探して戦ってるってことでしょ。
仲間なのかな。
応援したいな。
勝手に一人じゃないって思っちゃうな。
勝手に励まされちゃうな。


私にとってははてなブログはこういう存在なんだなと改めて思いました。
やっぱり書くことって大事だな。
アウトプット。


これを書き終わったらみなさんのブログも読みたいな。
今ならもう読めるからね。
読んだらきっとまた私は一歩前に進めるんだろな。

あー。はてなブログに戻ってこれた。