mtylan’s diary 〜乳ガン編〜

私の頭の中をまとめるための記録。 37歳で告知、38歳でope。現在40歳。 乳がん 右全摘 ステージⅡa ルミナールA リンパlevel1郭清 ホルモン治療中

裸を見せたよ。


先日、彼氏と会ってきた。
元気そうで良かった。

たまにしか会わないから、一緒にいること自体が非日常で、その分お互いちょっと疲れるんだなー。



右胸がなくなってから、1年と1ヶ月。
ついに彼氏の前で裸になった!
「なった」なのか「なれた」なのか自分でもよく分からないけれど、勢いで。

彼氏には拒否する権利があると思って、
念のため、脱ぐ前に彼氏の許可をいただきました。
でも、100%勢いに任せての申請だったな。

大丈夫だった。

感慨深いものがあります。
心も体も引き締めていこうと思いました。



ところで、昨日から術側の脇の下というか、術部の横というか、違和感がある。
痛いわけではないけれど、腫れてる感というか、膨れている感じというか…なんというか。

昨日は気のせいかなと思ったけど、
今日もだったから、少し不安になってきました。

もしやリンパに何かあるのかしら?と考えてしまいます。


次の診察は5日後の3/29。
主治医先生に診てもらおう。

ふっきれたー。


私は今日も元気です。
仕事でクタクタに疲れているけれど元気です。

髪の毛はクセが戻ってきて、
うねうねしちゃっているけれど元気です。

接客業なのに根元の白髪も伸び放題だけど元気です。


「妹の乳がんハテナ」は、ここではなく新しく開設した部屋で書くことにした。

私のと妹のと、私が自分でコンガラガルからねー。


それにしても、毎日夢に出てくるんです。
病院や抗がん剤やなんやかんやが。
私が治療受けるわけじゃないのに。。
情けない。よわっちいよねぇ。


・私と妹はステージもほぼ同じ。
私のステージはⅡa。
(リンパ転移有、サイズ2cm未満)
妹の最新のステージは Ⅰ か Ⅱa。
(リンパ腫れはあるけど転移無さそう、サイズ2cm未満)



・違うのはサブタイプ。
私はルミナルタイプ。
(ホルモンで増殖するタイプ)
妹はトリプルネガティブタイプ。
(ホルモンタイプでも、特定のタンパクで増えるタイプでもない)


・サブタイプが違うから治療法が違う。
私はルミナルで、増殖力(ki-67)も低いから、
手術のほかは、抗がん剤を使わずにホルモン治療だけを選んだのだ。
妹はトリプルネガティブで、ホルモンタイプでもタンパクタイプでもないから、手術のほかは必然的に抗がん剤になるわけだ。あと温存予定だから放射線治療もね。


サブタイプの違いは治療法の違い。

治療法が違えば、副作用もちがうし、出産への影響も違うし、仕事への影響も違うよね。

抗がん剤をするかしないかは大きな違いだと思う。

心配が度を越して、治療を受けるのは私じゃないのにビクビクした日々を送っていたこんな私ですが、

今日ふっきれた。


治すんだから治療しなきゃ。
というより、治療できるんだから。
治療できることは素晴らしいことなんだから。

今までの私…
イカーーーーン!喝!!!


と、思えるようになりました。

なので、ウジウジを卒業して、私は今日も元気です☺︎。

指が痛いんだなー。


最近、関節痛がぶり返してきた。
何するにも指が痛いんだなー。


ホルモン剤の副作用を抑えるために処方されていた漢方薬が、効いてる気がしなくてしばらくやめてみてた。だからかなぁ。

でも、以前のようにほかの関節や骨も痛い感じじゃないの。
手の指だけ。
熱持ってるし痛いんだなー。


指だけって、タモキシフェンは関係ないのかなー。
分からないなー。


今日はおいしいお蕎麦を食べた。
おいしいものを食べると元気になるよね。
食べると無くなっちゃうのが悲しいね。
あーまた食べたいなー。

妹、ウィッグ。

20180219。
がんサロン。
妹、初のウィッグ体験をする。
頭もっこり。コントみたい。
地毛があるからかピンと来ない。

人毛2割ミックスのを試してみたけど、質感がやっぱり少しカツラだなぁ。

あと、分け目のあたり大事だね。
ネットなのか布なのかで自然さが違う。


20180219。
ウィッグのカタログ。
乳がん専門看護師さんからもウィッグの話しが出た。
数社のカタログとかいろいろくれた。



20180222。
地元のウィッグ取扱店。
人工人毛ミックス。
M(アジャスター付)。
ミディアム。
64800円。
調整は代金に入ってるから無料。
メンテナンスは1回1000円、30分ほど、1週間〜10日に一回ほどするといい。
これに決めたようだ。
2/25受け取り、1時間くらい説明あるらしい。
ネット400円。
専用ブラシ600円。

このお店の医療用ウィッグは、1種類。
これが、よく似合ってた。
分け目が肌色ネットになってるから、自然だし、パッと見がとても自然で良い!

去年私が試した時よりキシキシするけど、メンテナンス次第らしい。


20180222。
いつもの美容院。
いつもの美容院でウィッグのカットが可能かどうか確認。
ウィッグは人工毛もミックスだから普通のハサミだと刃こぼれすることがあるらしいので。
美容師さんは、大丈夫ですよって言ってたので、カットしてもらうことにした。
抗がん剤前には時間がなさそうなので、様子見て体調のいい時にカットに行くことになりそうだ。


20180224。
ザビエル式ウィッグ。
都会のウィッグ専門店に行ってきたそうだ。
ザビエル式のウィッグと帽子を買ったそうだ。
1万円弱。
帽子とセットで被るから軽くて涼しくていいらしい。
似合う。
ベッピンさんはどんな髪型も似合うから羨ましい。


20180225。
ウィッグ受け取りとカット。
明日、フルウィッグの受け取り。
からの、
美容院でカット。
地毛とウィッグのカット。
ウィッグのカット、2年近く使うから少しドキドキする。
明日私は仕事だし、使うのは妹だから、私がドキドキしてても仕方ない。
はい、知ってます。
どうなるのか、楽しみでもあります。
私は脱毛が本当に怖かったけれど、
妹は脱毛に関してはそんなに恐怖を感じていないようなので、少し良かったです。

妹、大学病院 遺伝科 婦人科+クリニック。


20180219
妹、いろいろ診察。

乳がん専門看護師さん
「さて、抗がん剤の何から知りたい?」
という言葉が印象的。頼もしかった。

妹は1番の心配事は仕事のことらしい。


・診断書→
業務内容や会社の理解度によるけれど、先生の診断書には融通きくように、完全なお休みじゃなくても働ける時は出勤okのように書いてくれる。

抗がん剤から手術の間ずっとお休みするか、副作用の落ち着いた時は出勤するか、まだ決めかねて悩んでいる段階なので、なるほど。


・手当→
傷病手当や特別手当などあるので、自分の会社にどういう手当があるのか調べておきましょう。


・保険→
通院でも保険がおりるのか、手術の時だけなのか、診断書はいつ必要なのか調べておきましょう。


・副作用→
FECはしっかり派の抗がん剤
FとEとCの3つを使う。

E
赤い薬のファルモルビシン
吐き気(吐き気止めがよく効く)、発熱、血管痛、便秘、だるさ、口内炎、白血球好中球の減少、貧血、脱毛、手足しびれ
C
卵巣へのダメージ

3週目、次の抗がん剤を打つ前の頃は元気なはず。走るのも様子見てオーケー!

FECのあとはアブラキサン(タキサン系)


・ウィッグ→
レオンカというメーカーのカタログくれた。




遺伝子カウンセリング

遺伝性乳がんは、多発性だったり卵巣がんを併発したりすることがある。
4親等内で4、5人が乳がんになってるから、もしかして私達は遺伝性なんじゃないかと考えるわけです。
遺伝性乳がんの遺伝の確率は2分の1。


術前化学療法になったから、遺伝子検査は急がない。
手術までに陽性か陰性かわかれば全摘か温存かの判断材料になる。

ただ、遺伝子検査を受けることには慎重にならないといけないからカウンセリングが必要なのだ。

もし私が遺伝性だったとして、それを身内に伝えたとして、相手は遺伝していなくても必要以上に心配したり悩んだりするかもしれない。自分のことじゃなくても娘を心配して苦しむかもしれない。
伝えなかったとすると、伝えなかったことで早期発見ができないかもしれない。
陰性だったとして、私が陰性だからってみんな陰性とも限らない。

正解がないことだから難しいよね。


初診8000円くらい。2回目5000円。
検査料は別。
4/5に初診予約入れた。
まず、その準備のために問診。
5親等くらいまでの親戚の病歴。
親族に乳がん卵巣ガンいたら詳しく答える。


乳がんの遺伝子検査は2つの遺伝子を調べる。

遺伝子検査は20万円くらい。
遺伝子検査を受けて陽性だった場合、陽性が出た遺伝子に限って家族も検査することができる。その場合は3万円で受けることができる。
陰性が出たほうの遺伝子も検査したかったら初診から。



卵子凍結カウンセリング。
がん生殖医療。
目が回るー。
生理が止まる可能性。
戻らない可能性を話してくれた。
卵子凍結からの出産は10%程度。
卵子何個取れるか。
このあと卵子凍結ができるクリニックに行ってお話し聞いてくださいと、パンフレットをくれて予約を取ってくれた。



卵子凍結クリニック。
受付がホテル。
ロビーもホテル。
院長の診察。
成熟した卵子を取るために誘発剤使って毎日注射するらしい。
採取は40〜50万円
年間保管料は別。
今、ちょうどよく排卵前の状態らしい。
年齢の割にヨビノウもあるらしい。
誘発の注射を打ったり3日に1回通院したりと、大変そうだ。

卵子凍結への詳しい説明は特になかった気がする。
「あとでこちらの用紙をお読みくださいね」程度。
2/19の今日から注射を打ち24に成長の確認をして、26〜28の間で採取する。


本当にするのか卵子凍結。
すごい。
可能性は残しておいたほうがいいよね!
って言ってる。
眩しい。

私の場合は、深く考えたり調べたりせずに、簡単に諦めちゃったなぁ。

妹、卵子凍結。


なんだか最近忙しい。


私の乳がん手術から無事に一年が経って、
術後の経過も良く、
一息ついたところでの妹の乳がん


30代での抗がん剤は、忙しいんだね。


告知受けてから抗がん剤始まるまで3週間。
いろいろ検査や診察もあって、ウィッグの準備とかも必要なんだけど、
卵子凍結が思いのほか大変。


2/19 主治医からの紹介でクリニック初診
2/19〜24 自宅で誘発剤注射
2/24 卵子の育ち具合診察
2/25 前乗り
2/26 採卵

クリニック受診してから1週間での採卵。
何個採れるかな。
10個くらいがベストらしい。


総額およそ50万円。
わわわわ私にはメメメメメマイのするきききき金額です。


クリニックへは高速使って2時間半。
妹は都会の道を運転しないので私が運転するんだけど、一緒に行くといろいろ知識も入ってくるもので、卵子凍結の大変さを思い知ったよね。

自分で注射するっていうのも軽く驚いたけど、
採卵って、知れば知るほど、たじろぐ。
姉はたじろいでるぞ。
採卵までの過程も、金額もたじろぐ。
妹、すごいなぁ。


スクスク育てよ妹の卵子達。


明日は、私の仕事終わったら前乗りして、
あさってはいよいよ採卵。
安定剤や麻酔を使うらしく、姉はとても不安です。
採卵自体は10分程度だけれど、その後のなんだかんだで半日かかるらしい。


ベッドにグッタリと横になる妹を見ていられるだろうか。
こんなところで私がビクビクしている場合じゃないよね。
これから抗がん剤が始まって、そのあと手術があって、リハビリがあるんだから。


私が妹を引っ張っている気でいたけれど、
妹のほうがたくましいのかも。

お察しの通り、姉は、妹離れができていません。


あぁ、グッタリする妹を見るのがこわい。

術前化学療法ってどうなのかしら。


術前化学療法ってどうなんだろう。
手術の前に抗がん剤をするってことね。
最近は多くなってるらしい。


でも基本的に、乳管ガンの術前化学療法は、
小さくして温存するためなんでしょう?
2018年現在のガイドラインではそうなんでしょう?
なのになんで術前化学療法を勧める先生がたくさんいるんだろう。
データ取るためかしら。
手術を小さくするためかしら。


全摘するなら術後の抗がん剤でいいし、
小さくしなくても温存できるなら、
これも術後の抗がん剤でいいよね。
温存か全摘か迷ってる場合は、術前に抗がん剤するのはメリットあるかもね。
迷ってる間、無治療なのは時間が勿体無いもんね。


ほかにメリットってなんだろう。

より小さい切除で済むってことか。
あとは、
抗がん剤が効いているかどうかを実感できることかな。

それと、
効果の高さが分かるから再発や転移のリスクも分かるのかなぁ。
手術を先にしちゃうとモノ(腫瘍)がないから効果が見えないってことかな。


んー、でも再発率や生存率は、術前化学療法でも術後化学療法でも変わらないんでしょう?
再発率や生存率は病理結果のデータから出すものなんでしょう?
違うのかな…?
んーーー、
イマイチこのあたりがまだ理解できていない。


それでも術前化学療法で効果を実感して、再発の不安を少なくしたい気持ちはとても分かるから、術前もアリだなって思うけど。


デメリットは、
そこにあるガンを抗がん剤治療の間、置いておくってことと、
抗がん剤が効かなかった場合、小さくなるどころか逆に大きくなったり転移してしまったり、手術不可能になってしまうことがあるってこと。
それから、消滅した場合詳しい病理結果を出せないこと。
抗がん剤後のセンチネルリンパ生検には意味がないこと。
リンパ郭清率が上がること。


デメリットのほうが多く見えるよ。
なんで術前を勧める先生が多いんだろう。
抗がん剤効かない確率が低いからかなぁ。


術前化学療法を選ぶ人、手術先行で術後に化学療法を選ぶ人。
これも人それぞれか。


どこに不安を感じるポイントで、どこが大切にしたいポイントなのかって、人それぞれなんだろうね。